敏感肌用化粧品合うものを探して三千里

敏感肌で悩んでおります。
私の肌は、基本的に乾燥肌なので、スキンケアはしっとりタイプの化粧水や乳液、クリームなどを選んでいます。しかし、敏感肌用化粧品と書いてあるものでも、相性が悪いことが多くて困ります。
以前は、DHCやファンケルなどの健康的なイメージの強い会社の製品を使っていましたが、どうも相性が悪いらしく、使っているうちに違和感を感じ、また肌も荒れてきたので、別の製品を探す事にしました。特に、化粧を落とす製品(クレンジングフォームやオイルなど)が合わない事が多く、落とすべき汚れも必要な皮脂も全部なくなってパツパツに肌がつっぱってしまいます。同じ会社の製品ラインでそろえることがが必ずしも自分の肌に合う組合せとは限らない事に気が付きましたので、それ以降は、メーカーにはこだわらず、実際に使ってみて自分の肌質に合うものを探し求めています。
また、体調の変化によっても化粧品が合わなくなっていくケースもあり、体力が弱っている時や持病(リウマチ)が悪化傾向にある時などは普段使っているものでも違和感を感じるようになってしまうこともあります。体調が回復しても、一度会わなくなった製品は合わないままであることが多いので、また新しく探さないといけません。特にアルコールを含んだものはダメ。成分表示のところにミネラルオイルと書いてあるものもダメ。天然のものがいいとも限らず、シアバターや蜜蝋もダメ。ダメだった成分はひとつひとつ覚えておいて、成分表示をいちいちチェックして、更にサンプルがあれば少し腕などに塗って試してみて、翌日になって問題がなければ買い求めるという慎重な買い物にならざるをえません。
値段が高いとか、有名ブランドとか、評判がいいとか、そういう情報が全くあてにならないので、体当たりで探っていくしかないのが現状です。皮膚科に相談しに行くほど重度の症状があるわけでもないので、現在は様子をみて自己判断で製品を選んでいますが、パッチテストなどで合わない成分が事前にわかるテストなどがあれば是非とも受けてみたいと思っています。

今のところ、リップクリームは私の買える範囲で合う市販品がないので、ワセリンを使っています。化粧水はアルコールが入っていなければ比較的なんでも大丈夫ですが、ベタベタするのが嫌なのでさっぱりめのものを選んでいます。保湿ジェルは知人の紹介で知ったニュースキンのエンハンサーを使っています。これは今まで使った中で一番、具合がいいのですが、ネットワークビジネスの商品なので、販売員をやっている人を通して買う必要があるので入手が面倒です。保湿オイルは、スクワランオイル(ブレスカワジャパン)を利用しています。このオイルは商店街の1週間だけ出ていた出店で偶然購入できました。毎月、月末に販売に来てくれる会社で決まった店舗がないらしく、イベントに合わせて買いに行く形です。
自分の肌に合うものを見つけても、手に入れるのに手間がかかったり、廃盤の商品だったりすることも多く、これからもきっと合う化粧品を探して旅するような日々が続く事でしょう。私の体調の変化などで急に合わなくなる可能性もあります。どこにでも売っている、特売の商品で充分間に合う経済的な肌になってみたいものです。

コメントを残す